平成26年12月申請分 実績報告

 

 

お知らせ

  • 2017/12/15 第4回報告の実績報告関係書類の提出のご案内、及び実績報告の手引きを発送いたしました。NEW!
  • 2017/10/30 新たに実績報告回を追加いたしました。
  • 2017/09/13 現在実績報告提出期間外です。
  • 2017/09/01 第3回報告の実績報告提出期間中です。
  • 2017/08/08 第3回報告の実績報告関係書類の提出のご案内、及び実績報告の手引きを発送いたしました。
  • 2017/07/31 第3回報告以降の実績報告期間が変更になりました。
  • 2017/01/19 現在実績報告提出期間外です。
  • 2017/01/04 第2回報告の実績報告提出期間中です。
  • 2016/12/15 第2回報告の実績報告関係書類の提出のご案内、及び実績報告の手引きを発送いたしました。
  • 2016/01/13 現在実績報告提出期間外です。
  • 2016/01/04 第1回報告の実績報告提出期間中です。
  • 2015/12/14 第1回報告の実績報告関係書類の提出のご案内、及び実績報告の手引きを発送いたしました。

実績報告スケジュール

 

報告期間

※追加で実績報告していただく場合があります。

状況
第1回報告 平成26年7月1日~平成27年12月31日 終了
第2回報告

平成28年1月1日~平成28年12月31日

終了
第3回報告

平成29年1月1日~平成29年8月31日

終了
第4回報告 平成29年9月1日~平成29年12月31日  
第5回報告                 平成30年1月1日~平成30年3月31日(追加分)  

平成26年7月1日以降で支給要件を満たした日から3年間が支給対象期間です。

 

≪第5回実績報告について≫

 

 これまでの実績(支給停止期間の発生等)で支給対象期間の変更が生じていることから、

 助成金支給要綱第7条第5項及び第13条第6項により上記の通り追加実績報告期間を設け、

 第5回報告を頂くこととなりました。

 

 対象事業所であるかどうかは、「実績報告の手引き」の発送をもって通知いたします。

 発送スケジュールは以下の通りです。

 

                 第5回報告・・・平成30年3月中旬

 

 

平成30年1月1日から平成30年3月31日までの実績報告書類を必ずご提出ください。

 

※実績報告期間の変更について
第3回報告及び第4回報告に係る支払いについては、

他年度の決定分も合わせ支払いが集中するため、 事務処理に時間を要する見込みです。
つきましては、支払事務を効率的に行うため、支給要綱第7条第5項及び第13条第6項の規定に基づき、上記のとおり実績報告期間を変更いたします。御協力よろしくお願いいたします。
本件のお問い合わせに関しましては、
福島県雇用労政課(TEL024-521-7489)までご連絡ください。 

 

 

 

実績報告方法

【第4回目の実績報告について】
※詳細は、こちら「実績報告の手引き」をご覧下さい。

※通知書等の送付先は、申請した地方振興局により、原則以下の住所になります。

   相双地方振興局   ・・・ 助成対象事業所住所

   相双地方振興局以外 ・・・ 申請事業所住所

 送付先を変更されたい場合は、こちらの様式に必要事項を記載の上、ご提出ください。(記載例はこちら

1. 提出先・お問い合わせ先

〒960-8035 福島県福島市本町5-5 殖産銀行フコク生命ビル5階
福島県 ふくしま産業復興雇用支援事業事務センター (委託先:(株)パソナ)宛
電話:024-573-9821 / FAX:024-573-9822
※ 受付時間:午前9時~12時、午後1時~5時 (平日のみ。年末年始期間除く)

2. 提出期間

 平成30年1月4日(木)~平成30年1月16日(火)必着

3. 実績報告の対象

(1) 対象労働者

平成26年12月申請分にて支給決定された申請労働者及び離職者の補充労働者

(2) 対象期間

平成29年9月1日~平成29年12月31日

4.提出部数

1部
※ ご提出いただいた書類は返却いたしません。
※ メールでの電子データの送付は必要ありません。

従来まで行っていた副本への収受印の押印と返送は行っておりませんので、副本を添付されても返送はいたしません。
※ 都合により収受印が必要な場合は、「収受確認書」を作成し、切手を貼付した返信用封筒(郵便番号・住所・宛名を記載したもの)に入れて、実績報告書類に同封してください。

5. 実績報告の様式

※必ず最新の様式をご使用ください 

※異なる様式で提出された場合、正しい様式で再度ご提出頂くことがございますのでご注意ください。

  

次の2点の書類は、提出方法にご注意ください

  ※書類に不備があった場合は、再提出をお願いすることもございますので、提出方法をよくお読みください。

    賃金台帳・・・総実労働時間(※注)を全て手書きにて余白に追記したもの(0時間の場合も0時間と追記) 

            (※注)総実労働時間とは、時間外・休日出勤を含む。有給休暇は除く。 

    雇用状況一覧・・・年単位変形労働時間制の場合、所定労働時間は賃金台帳必要提出期間分、

              支払月毎に記載してください。

 

(1) 必須提出様式ダウンロード
(2) その他様式ダウンロード